青汁といえば、青臭くて不味いことはよく分かっていますが、不味くない青汁もあるのでしょうね? 以前の青汁は、苦くて不味かったのですが、健康に良いというだけで飲んでいる感じでした。それでも飲み続けることはできるのですが、どうせなら美味しい青汁を選びましょう。葉の種類にもよるのでしょうが、最近ははちみつが入っていたりするので、甘くて昔より数倍美味しくなっていますね。自然のものが身体に良いことは、健康志向が高まっている昨今、誰でも知っています。

飲み物と女性01

 

青汁に使われている葉っぱはどんな葉っぱなのでしょう。よく聞くのが、キューサイのケールという葉っぱですが、製薬会社で作られている青汁は、大麦の葉っぱやケールのほかに、イモの葉っぱも使われているようです。漢方薬まで入っているのは、製薬会社ならではですね。漢方がダメという人が今いますが、何種類も入っているので要注意ですね。また、液体の青汁ばかりではないことに驚きました。顆粒もあり、他のものと混ぜ合わせて飲むことができるのですね。なるほおど美味しく飲めるわけです。ミキサーがあれば、どんな果物やジュースを合わせても美味しく飲むことができますね。振るだけで簡単に混ざる、簡易の容器がサービスでついてくるところもありました。普段野菜をあまり食べない、という方には最適な健康補助食品ができましたね。インスタント食品や、ジャンクフードばかり食べていたのでは身体に良いわけがありません。青汁などを摂取できれば、食生活にプラスアルファで、不健康な食生活を改善できそうですね。