栄養機能食品として人気の青汁は、ケールや大麦若葉、ゴーヤなどの栄養価の高い野菜を原材料として作られています。これらの原材料には、食物繊維やビタミン、ミネラルなど健康に一定の効果のある栄養素が数多く含まれます。つまり青汁はこれらの栄養素を補う効果のある食品と考えてよいでしょう。それぞれの原材料によって、得られる栄養素が異なりますので、その内容を把握して、しっかりと選ぶことが必要になります。また、青汁は医薬品ではなく、あくまで健康食品であることを認識して利用するようにしましょう。青汁には、 粉末タイプと冷凍タイプがあります。粉末タイプでしたら、1回分ずつ包装されているため、お出かけした場合でも、携帯できますし、水があればどこでも飲めるのがメリットです。

冷凍タイプの場合は、携帯することができませんが、青汁を生成してすぐに凍結させていますから、鮮度と栄養が期待できます。 また青汁独特のにおいや、青汁の苦味や濃い味が好きな方には、冷凍タイプがお勧めです。青汁は、多くのメーカーから販売されていて、それぞれに特徴を持っています。 たとえば飲みにくさをカバーし、美味しさを追求した青汁がありますし、味よりも、栄養素に重点を置いた青汁もあります。 また女性向けに、青汁にコラーゲンなどの美容成分を配合した青汁もあります。どのような効果を期待するかによって、選ぶ青汁は異なります。自分に合った、飲み続けられる青汁を見つけましょう。